島本総合司法書士法人ブログ

駅伝観戦

 先日のブログで今年の1月にFP2級を受験したことを書きました。正確な試験日は1月24日で、試験会場は西区の広島工業専門学校なのですが、実はこの1月24日というのは広島男子駅伝が開催された日でした。駅伝は平和記念公園を12時半にスタート。廿日市市の宮島口で折り返して3時くらいに平和記念公園に選手が戻ってきます。
 一方、私がFPの試験を終え、試験会場を出たのは2時半過ぎ。試験会場前は駅伝のコースでしかも2時半過ぎという時間帯はまさに最終区の激戦中。私はまっすぐ家に帰ろうと思っていたのですが、帰るために乗りたい市内電車は駅伝により規制が入って運行休止中。仕方なく本通という駅まで歩いて帰ろうと思ったら、本通までのルートが交通規制で通れません。せっかくの機会だと思い、駅伝を観戦することにしました。
 高校1年の陸上部だった頃に駅伝の試合に付添で行って以来、人生2度目の生の駅伝観戦。しかも高校時代と違い今、目の前で繰り広げられている駅伝は大きな大会ですし、最終区は日本のトップランナー達。目の前を走るランナーはテレビで見るよりも早く、それぞれの選手が地元を背負って走っているという気迫を感じました。沿道のかけ声も盛んで、所々で他県の人たちが地元の衣装で応援する姿もあって活気がありました。最初はせっかくの機会と思って見てたのですが、思わず見入ってしまいました。駅伝は日本発祥のスポーツらしいですから、見始めると思わず見入ってしまうDNAでもあるのかもしれませんね(H)。

2010年05月6日