島本総合司法書士法人ブログ

簡易合併②

簡易合併の要件を全てクリアするような場合でも、存続会社において株主総会が事実上必要な場合もあります。
例えば、消滅会社の目的で存続会社にないものを追加する場合や消滅会社の役員の方で、存続会社の役員となっていないとき、その方を存続会社の役員に追加する場合などです。
その他にも、合併するに際し株主総会において決議をしておいた方が良い事項もありますので、実際に簡易合併を選択するか否かは色々検討すべきであり、受託する司法書士としてはそのあたりも含めてアドバイスをする必要があるでしょう。
(K)

2008年09月16日