島本総合司法書士法人ブログ

取締役の任期

先日、ある非公開会社の取締役会議事録をチェックしていると、これまで2年だった取締役の任期を1年に変える議案を株主総会にかける旨を決議されていました。
会社法が施行となり非公開会社は10年まで任期を伸長することが可能となったことから、任期を伸長される会社も多いのですが、逆に、上記の会社のように、任期を1年と変更される会社もあります。特に、ベンチャー企業や外部の資本が入っている会社によく見受けられます。
単年度の業績のみによって、再任されるか否かが決まるわけではないのでしょうが、なかなか厳しいなと思います。実際、任期が1年の会社において、登記簿の取締役の欄の履歴を見てみると、ある年に退任し、翌年に取締役に復帰されている場合もあったりします。
(K)

2008年08月11日