島本章生ブログ

設計事務所の倒産

黒川紀章建築設計事務所が民事再生申立てとのこと。
通常,設計事務所が倒産なんて考えられません。
設計事務所は,基本的に設計という役務の提供が事業であって,大きな設備投資などの先行投資は必要ないのですから。
倒産の原因で考えられることは,過大な自社ビル建築に伴う借入金の負担増か,本業以外の投資,あるいは仕事が減りながらも人材を確保し続けた,また役員報酬の支払いすぎなどでしょうか。
強力なブランド力をもっていれば,経営効率は高いはずです。
それだけに業界は驚いたのでしょう。
設計士だけではなく,司法書士,弁護士,税理士,行政書士など士業も倒産する時代。
これからますます士業の経営環境は厳しくなります。
アベノミクス恩恵は大手企業など一部だけに限った話です。
期待してはなりませぬ。

2014年12月19日