島本章生ブログ

相続で思うこと

相続の案件は年々増えています。
高齢化が進んでいるので当然です。20年後は年齢人口比率も変わり相続は減っていることでしょう。
相続手続きでいつも思うことは,人それぞれ伝記で書かれる人の人生に劣らないドラマをもっていることです。
戸籍を見ても,離婚再婚,養子縁組,子供との別れや親や子との死別がわかりますし,その裏にある事実を知れば,小説や映画になることでしょう。
私どもは,相続や遺言の仕事において,その人の人生を知り,尊重することを大切にしています。

2014年11月17日