島本章生ブログ

生命保険は必要?

個人が生命保険に入るメリットは説明するまでもありません。
しかし、営業マンに勧められるままに保険漬けになっている方もおられます。
必要のない生命保険に加入している方々は多いのです。

本来、金融財産を多く保有している人に生命保険は必要ありません。
それでも、下記の場合は生命保険でリスクカバーや活用ができないかと考えます。

①病気や事故に備える・・・医療保険(掛捨て)
掛け捨て保険で保険料は高くありません。県民共済ならさらに保険料は安い?

②相続税の節税・・・相続人一人当たり500万円(終身型)
相続人が3人いれば1500万円までの生命保険金額が課税財産から外されます。
単純計算として、1500万円を現金で持っていて税率10%なら150万円
の節税となるわけです。

③特定の相続人に一定の現金を渡したい。
遺言で渡すことも可能ですが手続きに時間を要しますし、相続財産となります。
生命保険なら指定受取人はすぐに現金を手にでき、原則として相続財産となりません。
ただし、税務上は、みなし相続財産となります。
法定相続分や遺留分等の代償金として保険を活用することもあります。事業承継者の自
社株買い取り資金として会社が加入する場合もあります。

④債務の返済金として
通常住宅ローンには団体信用生命保険として、死亡したら保険金でローンが完済されま
す。どうせ死ねばローンは完済されるので生前中はできるだけ返済しない方が手許現金
が減らずお得な感じがします。

人によって必要な生命保険は異なります。
保険営業マンに騙され酷い生命保険に入っている年配の方もおられました。
すぐに保険料の払い止めをしてもらいました。
なんと金融財産が2000万円なのに年間の保険料が1000万円だったのです。
それは極端な例としても、生命保険は必要の有無も含めて、内容を確認し、たえず見直しをするべきです。

2020年08月21日