島本章生ブログ

弁護士法違反?

会社分割の関与するコンサルタントが弁護士法違反で逮捕されたとのこと。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/374535/
会社再生を目的とした第二会社方式を提案したのだろうが、この手法を提案、実施して手続きにかかわったとしても弁護士違反になるまい。
違反となるなら、司法書士、税理士、会計士、中小企業診断士、証券会社、銀行も弁護士法違反となってしまう。
おそらく、会社分割により利害関係者の理解がないまま新会社に事業を移し、結果、旧会社の債権者を詐害し、これを誘導したコンサルタントを問題視したか、あるいは仕事内容がずさんで依頼者の不満が表れたことなどから、破産管財人が警視庁に訴えたと思われる。
これが間違って、非係争分野にも及ぶ弁護士独占領域の拡大の契機となるなら、経済界や各業界は黙っていないであろう。

2010年09月6日