幸先裕明ブログ

書面決議による定時株主総会

臨時株主総会は、いわゆる書面決議(会社法§319)で行われる会社様も結構いらっしゃるのですが、定時株主総会はひとつの区切りなのか、書面決議で行われることは意外に少ないという印象を個人的には持っています。

もちろん、定時株主総会も書面決議で行われる会社様もいらっしゃるのですが、この場合、定時株主総会の終結時(会社法§319⑤)に役員の任期が満了し、改選の議案がある場合に注意点があります。
それは、議事録に当該役員が任期満了により退任する旨の記載を失念しないようにすることです。
会議体による定時株主総会の議事録については、会社様作成の議事録にもその旨の記載がされていることがほとんどなのですが、書面決議による議事録については記載がないことが何故か多い気がします。書面決議による議事録の記載についてはシンプルなものになるからでしょうか。
もちろん、議事録に記載を漏らしても定款を添付すればよいのですが、一手間増えてしまいます。

2018年04月3日