幸先裕明ブログ

増資に関する備忘録

IPOのときの増資登記を申請させて頂きました会社様が公募増資をされるのでその登記をさせて頂きました。

IPOのとき、かなり苦労したのですが、今回も全く同じような形式となるだろうから大丈夫だろうと思っておりましたら、違いがありました。

IPOのときは、払込金額について何円と具体的な数字が1円単位で最終的に決議されていたのですが、今回は具体的数字は決議されておりませんでした。

これはいわゆるブックビルディング方式によるからなのですが、IPOのときもブックビルディング方式のはずですのでこの違いを疑問に思っておりましたら、

「新規公開株式に関する上場前の公募増資について、上場前の当該株式は「市場価格のある株式」には該当せず、会社法上はブックビルディング方式により払込金額を定めることはできないため、実務上ブックビルディングの仮条件を下回る額がとりあえず払込金額として定められ、ブックビルディングにより決定した価額を引受価額として定めるという手続きがとられている・・・」

との記載が、「会社法コンメンタール5-株式(3)」(商事法務)の30頁にありました。

なるほど!

2016年04月13日