幸先裕明ブログ

合併挨拶状

合併を受託した際に、取引先等への挨拶状も作成して欲しいというリクエストを受けることがあります。
ある程度画一的な内容となる法的な文書(例えば、知れている債権者への催告書)と異なり、挨拶状のようなビジネス文書は個々の事情による部分が大きく、こちらでのみ作成することは難しいため、基本的には参考となりそうな雛形をお渡しして対応しています。
もちろん、その雛形をもとに作成されたものをチェックさせて頂いたりもしていますが、法的な文書と違う面で気を使います。特に、再生的な案件の場合は、挨拶状といえども言葉ひとつによって受け手の印象も変ってくるでしょうから、非常に気を使います。
このように挨拶状といえども意外と骨の折れる作業ですが、法的な文書のみならず、少しでもクライアントのビジネスのお役に立てればいいなと思っています。

2010年01月18日