幸先裕明ブログ

最近の記事

『事例で学ぶ会社法実務〈全訂版〉』(中央経済社)

『事例で学ぶ会社法実務〈全訂版〉』(中央経済社)
https://is.gd/RL9n6x

が出版されました。
恐れ多くも司法書士の金子先生・立花先生との共著となっております。

同書は、平成26年に出版された初版を近年の法令改正等にあわせた内容とするとともに、新たな論点についても解説したものとなっています。したがいまして、ベースは金子先生がお書きになられておられます。ただ、極一部ですが私の書いた部分もあったりするのですが、初版を手元に置き、折に触れて確認しつつ業務に当たっておりました者としましては、とても不思議な感じがしております。

商業登記に関する業務を取り扱うには、実体法である会社法の理解が欠かせません。同書は、その名のとおり登記に関してだけでなく会社法についても基礎的なものから踏み込んだ論点まで幅広く触れられておりますので、ご職業やキャリアの長短を問わず会社法・商業登記実務に携わる方・興味をお持ちの方のお役に立てるのではないかと僭越ながら思っております。

ですので、是非お手にとって頂き、日々ご活用頂ければ幸いに存じます。

2018年04月18日
 

書面決議による定時株主総会

臨時株主総会は、いわゆる書面決議(会社法§319)で行われる会社様も結構いらっしゃるのですが、定時株主総会はひとつの区切りなのか、書面決議で行われることは意外に少ないという印象を個人的には持っています。

もちろん、定時株主総会も書面決議で行われる会社様もいらっしゃるのですが、この場合、定時株主総会の終結時(会社法§319⑤)に役員の任期が満了し、改選の議案がある場合に注意点があります。
それは、議事録に当該役員が任期満了により退任する旨の記載を失念しないようにすることです。
会議体による定時株主総会の議事録については、会社様作成の議事録にもその旨の記載がされていることがほとんどなのですが、書面決議による議事録については記載がないことが何故か多い気がします。書面決議による議事録の記載についてはシンプルなものになるからでしょうか。
もちろん、議事録に記載を漏らしても定款を添付すればよいのですが、一手間増えてしまいます。

2018年04月3日
 

旧姓併記

先日、初めて旧姓併記の登記を経験しました。
滅多にないため、備忘録です。

・委任状への記載事項が増える。
・添付する戸籍等は、登記申請書の添付書類の欄に掲げるわけではない。
・オンライン申請の場合、申出事項については、「その他の申請書記載事項」に記載すればよいと思われる。

2018年03月26日
 

岡山事務所開設

昨日(平成30年2月20日)付で、弊法人は岡山事務所を開設致しました。
拠点を複数有することができることは司法書士法人ならではです。

広島事務所で約1年半勤務しました司法書士の井上宜枝(岡山出身)が岡山事務所に常駐致します。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2018年02月21日
 

明けましておめでとうとございます。

明けましておめでとうとございます。

平成もいよいよ30年になりました。
平成元年は中学生だったので、月日の流れの早さに驚きます。

昨年は、共同執筆で自分が書いた文章が多かったわけではないのですが、初めて書籍の出版に携わる機会を得ることができました。
これにより、新たな世界を経験する事ができ、実務家として、まだまだいたらぬ点が多い事を再認識することができました。

ですので、今年は日々是勉強の精神で、商事法務の世界を更に学んでいきたいと思います。

最後になりましたが、昨年も色々な皆様にお世話になり、心より感謝致しております。
それでは、今年も何卒宜しくお願い申し上げます。

2018年01月4日