島本総合司法書士法人ブログ

2016年5月

会社法改正から10年経過

平成18年5月に現在の会社法が施行され、全ての株式に譲渡制限を付けている会社の取締役及び監査役の任期は、最長10年に伸長できるようになりました。
今月で10年が経過しましたので、任期10年とした会社は、任期満了時期を確認し、役員の改選決議及びその旨の変更の登記の申請を忘れないようにしましょう。

2016年05月9日