幸先裕明ブログ

2011年10月

ひろしまフードフェスティバル(2011.10.29~30)

今年も行ってきました、ひろしまフードフェスティバル。あいにくの雨でしたが、牡蠣、蕎麦、広島牛のいつものコースを堪能しました。
雨のせいで足元がかなり悪かったのでいつもよりゆっくり出来ませんでしたがそれなりに楽しめました。
年2回くらいあってもいいのになぁと思います。

2011年10月31日
 

商業登記事務の取扱庁の集中化の影響

以前、商業登記事務の取扱庁の集中化に関して、管轄外の本店移転が減るということを取り上げさせて頂いた気がします。
実際に広島県は本局だけに集中化されて相当期間が経つのですが、本店移転だけでなく、組織再編でもこれまでとの違いを感じています。
それは、例えば合併で、存続会社と消滅会社の管轄法務局が異なる場合、存続会社の管轄法務局で審査されるのですが、その審査後に消滅会社の管轄法務局で対象会社の登記簿が閉鎖されるため、当事会社が全て同一管轄であった場合に比べ、数日登記完了まで時間がかかっていました。しかし、最近は当事会社が同一管轄内になることが多く、登記完了までの時間もかなり早くなりました。もちろん、集中化の結果、組織再編に詳しい登記官の方がご担当してくださっていることもあると思いますが、集中化の良い影響だと思います。

2011年10月26日
 

大震災の後で人生について語るということ(橘玲著)

大震災の後で人生について語るということ(橘玲著)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2171392
別にヒューマンな話なわけではありません。
キーワードは「不動産神話」「会社神話」「円神話」「国家神話」です。
色々考えさせられました。

2011年10月21日
 

高額の登録免許税

久々に、商業登記申請での登録免許税1000万円超えがありました。
オンラインで申請し、電子納付したのですが、払い込みのクリックちょっと、いや、かなり緊張しました。
無事登記は完了したのですが、取り下げとかにならなくて良かったです。

2011年10月20日
 

免責の登記の抹消

今月の登記情報の泣き笑い千例集で稲津喜久代司法書士が免責の登記の抹消について取り上げていらっしゃいます。
数年前に同じ状況におかれたことがあり、色々調査し、当時の管轄法務局の登記官にもご相談させて頂いたことがあるのですが、当時も手続き自体が想定されていないということで不可でした。そして、その当時直ちに抹消したいという話ではなく、将来の話だったのでとりあえずそのままになっていました。
今回、この記事のタイトルを見つけた際、遂に抹消できるようになったのか!と思ったのですが。。。

2011年10月14日