島本章生ブログ

2010年4月

成功本

ブックショップに行くと,必ず成功ノウハウ本のコーナーがありますね。
不景気の表れでしょうか。
グレーな気分の自分への慰めや勇気づけとか,自分の可能性を認識したいために手にとるのでしょう。
著者においては,成功本を書くことが成功のPRの一つかもしれません。
この類の本を読んで成功したと言える人がいるのかは疑問ですが,前向きになれるといいですね。
先日,あるメルマガに下記の言葉が書いてありました。誰が書いたものかわかりませんが新鮮さを感じたので紹介しておきます。
起業する方や事業拡大に挑戦される方々には心に響くことでしょう。
ちなみに私は,根性や忍耐という言葉は,苦手だからか好きではないので念のため。
「たった一度の人生を 世間の顔色うかがって やりたいこともやらないで 死んでいく身の口惜しさ どうせもらった命なら ひと花咲かせて散っていく 桜の花のいさぎよさ 一度散っても翌年に 見事に咲いて満開の 花の命の素晴らしさ ひと花どころか百花も 咲いて咲いて咲きまくる 上で見ている神さまよ 私のみごとな生きざまを すみからすみまでごらんあれ」

2010年04月30日